注文住宅(鹿嶋市・神栖市・潮来市)の工務店なら鈴木工務店(BELL's works)トップへ ->  家づくりの思想  -> 普遍的なデザインを求めて  -> 普遍的なデザインを求めて

普遍的なデザインを求めて

消耗品とならないデザイン

ハウスメーカーは販売主体の会社ですから、住宅を商品と捉えて外観デザイン流行を取り入れようとします。

南米風の乾いた黄色見の外壁が流行ったと思ったら、数年あっという間に廃れてしまいました。近年はモダンごっこをしたBOXタイプの住宅がもてはやされたが、ローコスト系がまねするようになると飽食感が出来てきてように思えてきます。いずれ10年後にはすべてが過去のものになり「ああ…あの頃の家なのだね」と思われることは間違いないでしょう。

こうした、住宅のデザインに流行を取り入れるという考えを私たちは辞めることにしました。

住む人は、流行の終わった洋服みたいに買い換えるのなら簡単でいいのですが、住宅はそうはいかないからです。

スタンダードなベストバランス

最後にまとめとなりますが、家づくりは住む人を取り巻く様々な要素の総体として住宅がなされることと言えるでしょう。どんな家づくりにも予算というものがある。それを無駄にせず最適解をバランスをもって実現させてゆくことが私たちの仕事と思います。

出来上がりは一件の住宅に過ぎませんが、住む人の暮らしを豊かに変えるだけでなく、茨城を少しでも良いものに変えてゆく力があると信じて。


注文住宅(鹿嶋市・神栖市・潮来市)の工務店なら鈴木工務店(BELL's works)トップへ ->  家づくりの思想  -> 普遍的なデザインを求めて  -> 普遍的なデザインを求めて
小冊子 小冊子 見学会 「失敗しない住まいづくりの秘訣」無料メールセミナー 専務