2009年11月13日 « 注文住宅(鹿嶋市・神栖市・潮来市)の工務店なら鈴木工務店(BELL's works)トップへ » 2009年11月18日

2009年11月15日

なぜ、素材にこだわるか

★カビとの戦いの日々

今から8年前、私たちは待望の赤ちゃんを授かり族に言う”子育て世代”の仲間入りをしました。
正直無知な私たちにとっては子育ての大変さは想像以上でした。
24時間体制での授乳、なれない沐浴、わけのわからない夜泣きなどなど毎日頑張っていた妻を今でもはっきりと思い出します。
その頃に住んでいた建物は木造ではなく非断熱のRC住宅(鉄筋コンクリート)の建物で、コンクリートの特性で、夏 室内温度が上がってしまうとエアコンをつけても室温が下がらず、逆に冬は室温が冷えてしまうとなかなか室温が上がらない。それに加えて窓からの冷気(コールドドラフト)コンクリート面からの
冷たい輻射熱 壁面の表面結露からのカビ発生・増殖。
taka.JPG真冬によくおこるタンス背面の結露からの大量の黒カビΣ(゚д゚lll)
押入れもうっかりしめっぱなしにしていたらもう大変・゜・(ノД`)・゜・
フワフワした白い綿あめのような白カビ!!
いま思うと色々なカビと戦ってきました。

★室内環境のせい?

子供が頻繁に風邪をひいてしまう・・・
”なぜ?”
寒い住環境のせいか?汚れた空気環境のせいか?
妻の夜の咳(||´Д`)o 妻が夜中によく咳き込む・・・風邪ではなさそうだが・・・?

一代決心

新居を考えるちょうどよい時期でもあり妻、子供のためにも”一代決心”だ!!
建築の商材に対する知識・情報は知っている。自信はあったのですが、さらに掘り下げて調べてみると どうにもこうにも出てくるのは”不信”と”不安”だらけ・・・
どれが正しい!!どれが間違い!!
相当の時間を費やし調べ出た答えが”自然素材でつくる家が住む人の健康や安全性・地球環境への配慮からも住宅に最も適していて安全な素材だ”ということ。

☆自然素材を選んだポイント☆
DSC2018.jpg

●経年美化する
●品と格を感じる
●長持ちすることはエコにつながる。
●健康を損ねない
●調湿性
●やわらかい感触
●よい空気感
●昔からある、安心・安全な素材である
●木材の色は暖かい印象を与え、木目模様は自然で快い感じを与える
●素材感

とても素敵な素材です(*'▽')
今ではブレない家づくりの軸となっております。

〔大工部門〕俺たちは現場が命 小沼次郎

onuma2.jpg棟梁 小沼 次郎

こだわり
できる限りお客様の声を聞いてじっくり形にする。お客様からの要望があったときにすぐに対応できる地域で仕事をする。また、お客様との現場でのお付き合いを一番大切にしています。

大工としての志
家を建てると言う事はお客様の夢を形にするということだと思っています。だからこそ夢に携わっている自分たち大工は、常に笑顔で仕事をしないといけないと考えています。建てている家に、またご家庭に幸せが来るようにと笑顔で仕事をすることを心がけています。

〔大工部門〕親切丁寧がモットーの鈴木一郎

DSC01129.jpg棟梁 上杉 貴史

こだわり
常に現場を綺麗に清掃して、お客様にいつ来ていただいても気持ちよく現場を見てもらえるように努めます。100%は永遠にないと思いますが、常に自分にきびしく、常に100%を目指し日々勉強です。

大工としての志
お客様に最高に喜んでいただくために、建てさせてもらっている家のどこをとっても100%自信を持って見て頂けることを考えています。そのために自分の腕を磨くのにも日々頑張っています。

〔大工部門〕施工の達人 

IMG_3524.JPG棟梁 榊原 直輔

こだわり
これから毎日お住まいされる家になるので、お客様に見えるところは勿論、住んでから見えない部分に手間をかけています。そのためには、柱一本から大事に、おさまりを大事にしています。

大工としての志
お客様に喜んでいただける家を建てる。
常に仕上がりをイメージして段取りし作業する。そして、お客様に最高に喜んでいただける、と、自分で感じられる家づくりを常に心がけています。


2009年11月13日 « 注文住宅(鹿嶋市・神栖市・潮来市)の工務店なら鈴木工務店(BELL's works)トップへ » 2009年11月18日
小冊子 小冊子 見学会 「失敗しない住まいづくりの秘訣」無料メールセミナー 専務